お客様の声~分類不能型白血病

先日、テレビ西日本で再放送された「アンビリバボー」を観て
ご注文いただいたお客様のメッセージです。

———————————————————-

姉の子供(甥:もうすぐ3歳)が1歳をすぎて
白血病が発覚し闘病生活を送っています。 

「分類不能型白血病」と診断され、経過がおもわしくない状態です。
先日TV番組でこちらの商品を知りました。
今は食欲も落ちており心配しています。

どうしてもひかるくんのお豆腐を甥や
同じ病棟で闘病生活をおくっているお友達に紹介したいと思い
注文させていただきました。 

奇跡を信じています。

———————————————————–

何事も信じる気持ちって大切。
そして小さなことに感謝していると
小さな奇跡が発見できる。。

お客様の可愛い甥っ子さん。。
「ひかるKunのちょうどのおとうふ」を食べて
元気になってくれたらいいな。。

2メートルの点滴の管に繋がれ、
病室を駆け回る 2歳のひかるKunを
今 思いだしています

お客様の声~骨髄異形成症候群

「ひかるKunのちょうどのおとうふ 」は、
ダウン症児の次男ひかるが
骨髄異形成症候群になり、
急性骨髄性白血病のプロトコルを受けた時に
父親(主人)がひかるの為に造ったお豆腐。。
とういうことから
このお豆腐の誕生秘話 に共鳴されて
購入されるお客様が沢山いらっしゃいます。
このお客様もその お一人です。

—————————————————

「骨髄異形成症候群」を検索していて
ちょうどのおとうふ誕生秘話 』に出会いました。

私の母も同じ病気になり、抗癌治療に入りました。

この病気は難病なので、私も家族も不安でしょうがありませんでしたが
無事完治して元気に過ごしているひかる君の存在を知って勇気が湧いてきました。

さっそく“ちょうどのおとうふ”を持って病院へ行き
ひかる君のこと、ちょうどのおとうふのことを母に話しましたら
母は「おいしい!おいしい!・・・・」と泣きながら食べていました。
きっと母が一番不安で不安でしょうがなかったのだと思います。
私たち家族も何とか前向きに治療にあたります。
ひかる君に出会えて感謝しています。
有難うございます。