ひかる急便

「ちょうどのおとうふ」を作るキッカケになった張本人 ひかるKunは、
今では19歳になり、月曜日から木曜日まで福祉施設で作業をし、
金曜日は、別の施設でのんびりと過ごしています。

金曜日に通所している施設の利用者さんは、
肢体不自由の重度の障害をもった方々が多いのですが、
光の場合は(きっと何かのご縁なんでしょうね)
高校3年の春の実習先が
(いつものところは施設の諸事情で受け入れられず)
この施設だった、不思議に相性がよかった。。
という理由で卒業後も週一利用させて頂いています。

光はダウン症で重度の知的障害者ですが、
それまで受け入れられた利用者さんたちとは違うタイプの障害。

高校三年の春は、久しぶりに登校できるようになった時で、
精神的にもまだちょっと不安定な頃でした。

そう。。高校二年の3学期は、3か月間学校へ行けなかったのです。

学校へ行けるようになったとはいえ、
まだ精神不安定な時期の実習での作業は、
その当時の光にはきっとできなかったでしょう。

そして偶然(いや必然)、担任の先生の勧めでこちらの施設に巡り合う。
この登校拒否の時期がなかったら、こちらの施設を利用することはなかったかも。。

学校を卒業して一年半経ちましたが、毎日、作業をちょっとだけして(笑)
金曜日は、こんなふうに台車で給食を運んでお手伝いしています。

やっぱり光にできることは、頑張ってやらなきゃね!
身体を動かせない他の利用者さんたちの分も!!

こうして台車を押しつつ施設内を歩いていると、
たくさんの職員の方々に声をかけて貰えるそうです。
(そして光の顔を覚えて貰うのも大事!)

褒められるとやっぱり嬉しいよね◎
こうして時間をかけて施設に慣れ施設内を自由自在に歩いて、
自分が心地よく活動できる場所にして行ってほしい♪
慣れておくと、将来入所させて頂く頃には、
自分の家のように(安心する)場所になっているといいな。。と思っています。

親の都合で、いきなり入所させられてパニックになるというのも
かわいそうなものです。

光がそんなふうにならないために、今から色々と考えています。

光がガラガラと台車を押す姿が(身体を動かせる)
他の利用者さんの少しでもいいから刺激になったらいいな!
とも思っています。

ちょっと得意気な ひかるKun
ちょっと得意気な ひかるKun
落とさないように慎重に運ぶよ◎
落とさないように慎重に運ぶよ◎
段差にも気をつけて。。
段差にも気をつけて。。
お茶碗ひっくり返さないようにそっと運びます
お茶碗ひっくり返さないようにそっと運びます
背中に哀愁が漂う男、ひかるKun!
背中に哀愁が漂う男、ひかるKun!

 

投稿者: Hikamama

ひかるKunのママです◎ 笠島豆富店のなんでも屋さん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA