★連載★ 短編『出発!ちょうどのおとうふ』 第1話

私は大学を卒業し、赴任地アラブ首長国連邦ドバイで、
『砂漠の藻屑(もくず)』となっても
「日本国家・国民のために尽くしたい!」と
高い志(?)を持って商社勤めを始めましたが
しかし、父の死去等もあり
やむなく家業の笠島豆富店(三代目)を継ぐ事になりました。
福井に戻り活躍するフィールドは小さくなりましたが
本当に自分の作りたい商品は何なのか!と真面目に考える自分と、
一歩外へでると競争社会の中で、勝った・負けたと
一喜一憂し流されていく、もうひとりの自分との間で
長い間葛藤してきました。

★連載★ 短編『出発!ちょうどのおとうふ』 第2話

そんな中、
平成11年4月 突然ひかるが急性骨髄性白血病で発病。
原因は骨髄異形成症候群で難病とのこと。
もともと ひかるはダウン症児で、先輩のお医者さんからは
「ダウン症児は一瞬に死ぬ時があるから覚悟して育てろ」と
言われていたので、覚悟はしていたものの、
来るべきものが来たかと私も家内も動揺しました。
しかし1年間の看病生活の中で、ひかるの生死を見ていて思いました。
自分は知らない間に、随分損得で動く嫌な人間になっていたなあ。と
今まで知らない間に目の前のことに流され生きていたことを
強く反省させられました。
同時に『いつか社会福祉に貢献したい』という想いに対して
躊躇していた自分の背中を、ひかるの生死が
「お父さん!頑張れ!」と後押ししてくれたような気がしました。

★連載★ 短編『出発!ちょうどのおとうふ』 第3話

「失敗してもいいから、本当に自分が納得する商品と作っていこう」と決心。
平成11年の暮れ、当時小6の長女、小5の長男に
「お父さん、小さなお豆腐(”ちょうどのおとうふ”の名前は
出来ていなかった頃)を作ろうと決めた。一生懸命頑張るけれど
お金がいっぱいかかるから、失敗したらゴメンネ。
この家は売らなきゃならないけど、
その時はまた橋の下からでも頑張るから!!」
翌日、私の母は言っていました。
母の側で長男は一晩「橋の下で暮らさなきゃならない」と
泣いていたそうです。
軽い知的障害を持った長男には、少し酷だったかもしれません。
そして翌平成12年4月をもって、祖父が創業以来75年続けてきた
今までの豆腐屋の業態に幕を引き、一ヶ月かけて工場を改造し、
6月から新生「笠島豆富店」として”ちょうどのおとうふ”を作り始めました。

★連載★ 短編『出発!ちょうどのおとうふ』 第4話

私と機械をいじらしたら天才の西君、
現在ゆば部門担当の川崎さん(ゆば細工のかわさき)が商品開発。
対象は日本全国なので、通信網の整備を私たちグループのビル・ゲイツ
こと金丸君(本業は不動産業)が担当。
家内はひかるの看病で病院にいるため
家内の友達に商品づくりのテストを補助でしてもらい
小さなお豆腐作りの研究が始まりました。
ひかるの看病中「一口サイズのお豆腐があったら、
食事制限された患者さんや学校の子供たちに喜んでもらえるのでは?」
と小さなお豆腐作りを始めたのですが
小さなお豆腐を作る原型がなく、また教わる人もいないため
手探り状態の悪戦苦闘の6ヶ月が続きました。

★連載★ 短編『出発!ちょうどのおとうふ』 第5話